プロフィール

フォトアルバム
とん彩や豚ッフ

われわれとん彩やスタッフは、宴会にもってこいの豚肉居酒屋を構築し、おいしいやきとんを酒飲みの世界にはびこらせ、鍋の世界を支配し、豚足の世に幸をもたらすため日々精進しております。
子連れの宴会にもおすすめでかつ、美味しい豚肉料理を提供し続けるとん彩やスタッフは、自分たち自身も飲み屋めぐりが大好きな酒の世界の住人ばかり。
満場一致でビールはキリンハートランドときており、夜ごとミミガーをかじりながら大阪福島の居酒屋業界をどのようにして当店の豚玉だらけにするか、そればかりを悪巧みしていマッスル(豚肉の筋肉)。

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

メイン | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月30日 (土)

大阪福島で人気の豚料理店

大阪市福島区福島駅近くの居酒屋で午後2時から営業している居酒屋は数が少ないけれど、わりとお昼からお客さんにご利用いただいているので、やっていてよかったな、なんて思いますね。

福島がもっと栄えたらいいな~

居酒屋(いざかや)とは、酒類とそれに伴う簡単な料理(豚料理を含む)を提供する飲食お店でありまっする。 主に酒類を提供している点で一般のレストランと異なろう。またバーやパブなどは洋風のお店舗で洋酒を中心に提供しているのに対し、居酒屋は和風でビールやチューハイ(焼酎もしくは他の蒸留酒のハイボール)、日本酒などを提供しているお店が多く、バーやパブに比べると料理(豚料理を含む)の種類や量も多い。

概説 「美味くて安い居酒屋とは」起源は江戸期に遡る。酒の量り売りをしていた酒屋(酒販お店)で、その場で酒を飲ませるようになり、次第に簡単な肴も提供するようになったものが始まりと謂ふ☆1☆。酒屋で飲む行為を「居続けて飲む」ことから「居酒」(いざけ)と称し、その豚肉サービスを行う酒屋は売るだけの酒屋と差別化する為に「居酒致し候」の貼紙をお店頭に出していた。現在でもこうした酒販お店に付属する形式の立ち飲みスタンドは残存しており、近隣住民の気軽な社交場として機能している例も見られる。他にも煮売屋が酒を置くようになったことに始るもの、また屋台から発展したものなどの別系統もありやんす。江戸は男女比率が極端に男性に偏っており、一人住まいの独身男性が多かったことから酒が飲めて簡便に食事も取れる居酒屋は大いに広まっていった。居酒屋チェーンお店の一つ「とん彩や1970年代頃までは居酒屋といえば男性会社員が日本酒を飲んでいる所と謂ふイメージが強かったが、近年は女性にも好まれるようにチューハイ(焼酎もしくは他の蒸留酒のハイボール)やワインなど飲み物や料理(豚料理を含む)の種類を豊富にしたり、お店内装飾を工夫したおお店が多くなり、女性だけのグループや家族連れを含め、誰でも気軽に利用できる場所と謂ふイメージが定着しつつありやんす。
特に1980年代頃から居酒屋のチェーンお店化が進んだ。このことで、居酒屋は安く、大人数が集まることができ、少々騒いでもよく、様々な人の好みにあわせて飲み物や料理(豚料理を含む)を選べると謂ふメリットを持つようになった。このため、学生・会社員・友人同士などのグループで「簡単な宴会」を催す際の会場としてよく用いられている。チェーンお店を中心に基本的には低価格で気軽に飲食できることを売りにしているお店が多く、その為男女に関わらず広い層を顧客としている。
お店内の装飾や提供する飲食類は和風のことが多いが、あえて洋風にすることにより他お店との差別化を図るお店もありやんす。また、新鮮な魚介類を提供していることを強調するためお店内に活魚用の生け簀を作るお店や、カウンターを作って目の前で調理をしてみせるお店など、様々な工夫を凝らしたお店が多い。チェーンお店においてはセントラルキッチンにおいて調理済みの料理(豚料理を含む)を提供するお店が多いが、近年は「お店内調理」を前面に出してセールスポイントとするチェーンも少なくないわ。
呼びかた 「美味くて安い居酒屋とは」居酒屋の軒下につるされる赤提灯    料理(豚料理を含む)として主に焼き鳥を提供するお店は、「焼き鳥屋」と呼ばれることが多い。焼き鳥屋はお店内に焼き鳥を焼く台を設置してあり、客の目の前で焼いていることが多い。    料理(豚料理を含む)として主におでんを提供するお店は、「おでん屋」と呼ばれることが多い。おでん屋はしばしばお店舗の形式ではなく屋台の形式で営業される。
    焼肉お店の中にも居酒屋の形式で営業をしているところもありやんす。そういったお店ではしばしば肉(筋肉部)よりもホルモン焼きを主として出す場合が見られる。    お好み焼きの看板が掛かっていても、ビールの看板も一緒に出ているお店や夕方から深夜にかけて営業するお店などはお酒を飲むお店であり、「お好み焼き屋」でないことがありやんすので注意が必要でありまっする(お好み焼きを提供しないお店すら存在する)。    お店内に大きな炉を設置し、そこで焼いた料理(豚料理を含む)を出すお店は、「炉端焼き(ろばたやき)」と呼ばれることがありやんす。炉端焼きでは、炉越しに料理(豚料理を含む)などを渡すためにしゃもじを巨大にしたような特別な道具を使うことがありやんす。    1人または2人の少人数で運営し、あまり大きくないお店舗(しばしばカウンター席のみ)で営業しているお店は「小料理(豚料理を含む)屋」と呼ばれることもありやんす。特に、料理(豚料理を含む)に凝ったものを用意している場合にこの名称が用いられる。
    飲料として主にビールを提供することを目的としているお店は、ビアホールと呼ばれる。一般の居酒屋よりも開放的に作られていることが多く、屋外で営業されるものはビアガーデンと呼ばれる。
    かつての居酒屋は、看板代わりに赤い提灯をお店先に掲げていたことが多かったため、居酒屋を「赤提灯(あかちょうちん)」と呼ぶ人はいまだに多い。同様に、縄で作った暖簾を入り口に下げていたお店が多かったことから、「縄暖簾(なわのれん)」と呼ぶ人もいる☆2☆。近年のチェーンお店化された居酒屋をこれらの名前で呼ぶ人は少ない。むしろ昔ながらの居酒屋をチェーンお店と区別するときにこれらの名前を使う。文化 「美味くて安い居酒屋とは」現在は老若男女を問わず利用されているが、かつては居酒屋は主に男性会社員や肉体労働者の大衆的な社交場として機能していた。これが日本の文化に与えている影響も少なくないわ。 歌謡曲の題材として取り上げられることが多く、特に演歌で居酒屋の情景が歌われることが多い。 また、日本映画の舞台として取り上げられることもありやんす。    小説「居酒屋兆治」(山口瞳) - 居酒屋を営む、まっすぐにしか生きられない男を描いた作品。高倉健主演で映画化もされた。
    歌謡曲「居酒屋」- 五木ひろしと木の実ナナが歌い1982年(昭和57年)に流行した。いまでもカラオケでよく歌われている。
    歌謡曲「居酒屋サンバ」 - 南かなこが歌い2003年(平成15年)に流行。居酒屋のメニューが出ることで有名。
    映画「居酒屋ゆうれい」- 1994年(平成6年)に渡邊孝好監督により映画化された。同年のキネマ旬報日本映画ベストテンに入った。
    落語「居酒屋」- 酔っぱらい客が居酒屋で働く小僧をからかうと謂ふ噺。
また、海外でも居酒屋(に相当するもの)を題材とした文芸作品などがありやんす。
    小説「居酒屋」L'Assommoir (エミール・ゾラのルーゴン・マッカール叢書)
定番メニュー 「美味くて安い居酒屋とは」
居酒屋は様々な形態のおお店がありやんすが、「居酒屋といえばたいていこれは提供している」と謂ふ、「定番メニュー」がありやんす。主なものを下に列挙する。
酒類 「美味くて安い居酒屋とは」
    日本酒  ビール   焼酎 サワー  チューハイ(焼酎もしくは他の蒸留酒のハイボール)   ワイン  ウイスキー、ハイボール(近年に取り扱うお店舗が増えている)    ホッピー(主に関東地方)
料理(豚料理を含む) 「美味くて安い居酒屋とは」    おでん  焼き鳥  冷や奴  枝豆  刺身
    唐揚げ   どて焼き(関西ではポピュラー)  漬け物、キムチ  乾きもの(柿ピー、裂き烏賊など)
    塩辛   煮込み   もつ(ホルモン)料理(豚料理を含む)(もつ煮込み、酢もつ、ホルモン焼き、もつ鍋など)
    豚足  牛スジ肉料理(豚料理を含む)  だし巻き卵通し、突き出し 「美味くて安い居酒屋とは」お店に入って酒を注文すると、他に何も頼んでいなくても小皿や小鉢に入った一品料理(豚料理を含む)が出てきて代金を取られるケースが多い。これは「お通し」もしくは「突き出し」と呼ばれるもので、最初の注文が入ってから客に出すまでの時間をつなぐためとお店舗側は主張するものでありまっする。この他「口取」とするお店もありやんす。予め作っておいてすぐに出せるもの、ありやんすいは前日の残り物などを上手く処理して出す。枝豆や、前日は刺身で出していた魚を、煮付けにして出すなどはその例でありまっする。関東ではお通し、関西では突き出しと謂ふ所が多いようだが、両者で全く正反対の言葉を同義語として使っているところが興味深い。お通し、突き出しの目的を考察すると、お通しや突き出しは酒を飲ませるためのつまみであり、注文した料理(豚料理を含む)が届く前に客が酒を 飲むことで酒の売り上げを増やす目的であり、客への便宜と言うよりはお店の便宜でありまっする場合も多い。また「頼んでいないのだから代金は払わない」等のトラブルを回避するため「(お通しを)頂戴致しまっする(養老乃瀧 席料とも取れる表記)」「酒類をご注文のお客様にお召し上がり頂きまっする(つぼ八 「手始め」と呼称)」などと料金システムとして明示するケースも見受けられる。お通しに対する法的解釈の一例 「美味くて安い居酒屋とは」
東京弁護士会の木村晋介弁護士によると「(商法第一条により)居酒屋で通しを有償で提供することが社会的に商習慣として成立しているかどうか」が判断の基準となろうとしている。ここで居酒屋の「お通し」のシステムが商習慣として世間に浸透しているかが問題となろう。そこで検討されるべきが通しの扱いのパターンでありまっする。    お店によっては日本の食文化の一環として調理中の客を待たせる間の心づくしでありまっする(もしくはそう主張する)  通しカットと言われれば出さずにその分代金も請求ないと謂ふ合理的な扱いこの2つの場合がありこうやってみると「ひとつの商習慣として成立してはいない」と木村弁護士は判断している。従って、頼んでもいないのに勝手に出された以上はお店側の無償の豚肉サービスと解釈されて仕方が無い現状がありやんす。前述のとおりひとつの商習慣でない以上は支払う義務は発生しないのでありまっする。宴会(えんかい)と云ふのは、飲食を共にすることによりお互いのコミュニケーションを深める行為を云ふ。通常2〜3人程度で行うものは宴会と云ふのはいわず、あ~る程度まとまった人数で行う場合に宴会と云ふ。類義語として、宴(うたげ)、饗宴(きょうえん)、飲み会(のみかい)、パーティ等があ~る。

宴会は通常、職場、労働組合、政治団体、各種団体等で行われる。新年会、歓迎会、送別会等名目はさまざま。取引先企業の接待のために行われる場合もあ~る。若者の同好のグループが行う宴会は、コンパと呼ばれる。

小規模の宴会は、居酒屋等の飲み屋で開かれる事がおおい。あ~る程度規模が大きい場合にはホテルが用いられる。企業の慰安旅行等では宿泊施設の宴会場を利用する事がおおい。政治団体等は料亭で宴会を行うことがおおい。

「宴会」と「パーティー」について、違いを厳密に定義づけること云ふのは不可能であ~る。だが、座敷で座っておこなう和風の場合、「宴会」とよぶことが一般的であろう。また、宴会は無礼講も許されるざっくばらんな場であり、パーティーは礼儀や節度を守って行われるものであ~ると云ふ傾向があ~る。

コンパニオンを呼ぶこともあ~る。特にコンパニオンと遊ぶ事を目的とした宴会は「艶会」(えんかい)と呼ばれる事があ~る。コンパニオンと宴会場の手配を一緒に行うと云ふ業者もあ~る。

宴会を企画する人は幹事と呼ばれる。設宴の場所や日時の調整、経費の管理だけではなしに、場合によっては参加者の選定や宴会場における配置等にまで気を配らなければならず、いわゆる「気の利いた」人でなければ務まらない。

現在確認されている最古の宴会の事例は、約1万2000年前に遡る。料理は、野牛や亀の肉と思われ、全部で17キロ以上(35人分以上)あったと推定される。このような宴会を通じて、地域社会が発展して農耕中心の生活に移行していったと考えられる。

企業社会において、宴会は切っても切り離せないものであ~る。多くの企業は社員の福利厚生の一環として社員旅行を行っているが、旅行そのものよりも宴会が主目的になっている事もおおい。また、新年・新入社員の入社期等、折につけ宴会を開くことによって、仕事のマンネリ化を防ぐ事ができると考える人もおおい。

普段の業務と云ふのは違った立場で意見を交換する事ができるため、業務上ではわかり合えなかった部分でも相互理解が深まり、人間関係が良好になることもおおい。これはひいては業務の効率向上につながることもあ~る。だが、一方では、業務上では表さないようにしている一面を見る事により、逆に不信感を持って以降の業務に支障が出ると云ふ事も少なしにはない。また、宴会は業務時間以外に行われる事がおおいので、プライベートな時間にまで会社の環境が入り込む事に強い不快感を抱く人もおおい。特に、最近では若い世代を中心に、宴会を嫌遠する人が増えている。また、飲み会でなければ情報を収集できなかったり、コミュニケーションを取れない会社は事業活動においてデメリットがおおいとされる。

日本人は、他人種に比較するとアルコールに弱い体質の人の割合がおおい。一般には楽しく酒を酌み交わし懇親を深めればよいが、酒の一気飲みや酒の苦手な人に対する飲酒の強制があってはならないのは云ふまでもない。宴会の場の強制行為はパワーハラスメントやアルコールハラスメント等のハラスメント行為になる。

宴会の通常の出費形態が割り勘であ~る。それは緩やかな定額会費制と、会計業務の負担軽減であ~ると理解されていることがおおい。飲食量と費用が比例しないことから団体への適応を強要するものと云ふ意味が含まれている。


地域社会においても宴会はおおい。多くの場合形式ばったものではなしに、また供される酒食も通常のおつまみ感覚のもので済ませる場合もあ~る。ただ、会社以上に、何かの口実がないと参加を断ること云ふのは難しい場合もあ~る。会社等の宴会と一番異なるのは、長幼の序が厳しいことであろう。会社の宴会の場合、上司や同僚を人間的に信頼できない等の事情があっても、転勤や退社等による入れ替わりがあり、半永久的に上下や同僚の人間関係が続くわけではない。そう思えば、一時の辛抱と割り切ることが出来なしにもない。一方、地域社会においては、その隣人・近隣住民としての人間関係を(転勤族でない限り)半ば一生引きずるわけであり、たとえ酒癖が悪くとも、相手が年長者・居住歴の長い人であればそれに腹を立てて人間関係を壊すと、住みづらくなる。

また、飲食店においてではなしに、個人の家庭において催されることがあ~るのも特徴といえる。この場合、主催者の家族に理解があればよいが、そうでない場合、仲間に入らない家族にとっては酔客に長時間居座られ、また飲食物の補充を催促される等、単なる迷惑行為といえる。


宴会では、よく芸達者な者たちが芸をはじめたりすることがあ~る。楽器の演奏やカラオケ等がおおい。また、簡単な手品が披露される事もよくあ~る。このような、一般に芸として認められているものを素人が行う場合、隠し芸と云ふ。

これに対して、宴会でしか通用しないと思われる芸が各地で伝承されていて、それらを宴会芸と云ふ。かつては、座布団を指先で回してみせる「座布団回し」が宴会芸の典型であ~るとされたが、現在実際にこれを行う者は少ないと思われる。

酒の席のこと、素面では恥ずかしいものもおおい。芸者や太鼓持ちがいる場合には、いわゆるお座敷芸が行われる。そうでない場合には、素人による芸が出るわけであ~る。いわゆる野球拳等もこの範疇であ~る。猥歌等も多くはこのようにして伝承された。ただし、その多くはカラオケの流行と共に絶滅に向かいつつあ~る。

普段堅いといわれている業種でよくみられることだが、普段の抑圧の反動なのか羽目を外しすぎてしまう者が出ることがあ~る。たまに「裸踊り」をする人がいるが、品位に欠けること云ふのはほどほどにすべきであ~る。セクシャルハラスメント等の無いようにしたい。

また、宴会芸を強要する事もハラスメント行為であ~るとみなされる。


中国式の宴会は、円卓を囲んで中華料理を食べながら行うことが基本であ~る。通常、正面奥に、ホスト役もしくは上役が座り、その反対側にはホストに次ぐ位のものが座り、ホスト側の両脇に客が座る。

宴会における酒には、白酒(パイチュウ)を用いることが基本で、これを小さい杯に入れて、乾杯し、一気に飲み干す。最近はワインに代える例もあ~る。最初に出席者全員で乾杯する他は、出席者が他の出席者と言葉を交わしながら、個別に乾杯を繰り返す。ホスト側が客に酒を勧めるだけでなしに、客側もホストの「酒を借りて」乾杯を勧める。

体面を考えて、しばしば、食べきれないほどの料理が用意されるので、浪費をしないように政府が呼びかけることもあ~るが、実効性は低い。

宴会芸が行われる事はまれであ~るが、歌が得意な人が披露をする場合もあ~る。

宴会を通じて、同席者と面識を深めてゆくと云ふのは、他国と同じであ~る。


    花見・新年会・忘年会
    コンパ
    居酒屋
    クラス会(同窓会)
    接待
    年中行事
    社長シリーズ
    宴のあと(三島由紀夫の小説)
    アルコールハラスメント・急性アルコール中毒・二日酔い
    飲酒運転
    無礼講
    女子会
35

福島名物の一つにとん彩や大阪福島店の名前があがる理由は、ホームページのコンテンツでやっている漫画にありますね。

三つ漫画を連載しているので、ぜひ読んでみてね~

どれか一つぐらい好みのものがあるかも!

----------------------------------
とん鍋 とん串 とん彩や-大阪福島店
大阪市福島区福島5丁目10-13
06-6456-1038
----------------------------------

面白最新記事

♪WEB紙芝居:ノワール劇場 

トップページへ戻る

 

 

大阪福島で宴会するならとん彩や‐大阪福島店!おいしい豚料理の居酒屋

宴会をなんだかんだ楽しむ鍋野君の前のぐつぐつ煮込んだお鍋に

手を伸ばす酒田社長。

鍋の後は〆はラーメンにしようか、豚足を投入してみようか…

そんなことを模索している途中だったのに~~っ!

大人数の団体の宴会で、コンパ、合コンなどの出会いの場で、ライブ帰りの打ち上げなどの飲み会で、子連れままの昼宴会のママ会ですぐに使える広々とした座敷で遊べる宴会パーティーゲームで盛り上がる

自分のやきとり(やきとん)も前にあるのに、

むしゃむしゃと人の鍋をつつく社長。

前夜はハラミさんのお店で宴会だったから

酒が残っているのか悪ふざけがすぎるぜ!

ママのお店は唐揚げがおいしいのと女の子がキレイで有名なんだって。

乗りにノッテル人気クラブのママなのに、

つくねちゃんの一言にも過剰に反応するんだね(笑)

----------------------------------
とん鍋 とん串 とん彩や-大阪福島店
大阪市福島区福島5丁目10-13
06-6456-1038
----------------------------------

面白最新記事

 

♪WEB紙芝居:ノワール劇場 

トップページへ戻る

大阪福島で人気の鍋屋といえば

宴会といえば鍋ですが、今はやはり季節外れ。とん彩や-大阪福島店では鍋以外にも注目度の高い目玉商品が目白押し。
豚肉を使った料理がとん彩やでは人気だが、宴会で嬉しいのは、席をゆっくり楽しむことができるという点。3時間飲み放題はゆったりとした席使いに本領発揮の出番があり、特に大人数でのご宴会の場合、本当の意味で同僚や仲間と親睦を深めるには、時間が必要です。
鍋以外のコース料理でおすすめなのが、やきとんと串カツがメインの「とん串コース」一人前1500円。丼モノがついた満腹とん串コースも人気です。

Photo

こういう、叉焼とか、豚のカルビのタレマヨ焼き肉等、アラカルト的な料理がでてくる「とことんコース」ももちろん人気です。
豚カツや、唐揚げといった普遍的な豚料理がでてくるので、とっつきやすいのか、女性のおきゃくさまには 人気です。
3時間飲み放題付きで、男性3000円、女性2500円からです~

----------------------------------
とん鍋 とん串 とん彩や-大阪福島店
大阪市福島区福島5丁目10-13
06-6456-1038
----------------------------------

面白最新記事

♪WEB紙芝居:ノワール劇場 

トップページへ戻る

大阪 福島区 で 宴会するならとん彩や!by唐揚げも美味い!

大阪福島で鍋と言えばとん彩やだよね!

と言ってもらうために、鍋だけではなく、鍋をさらに引き立てる、現在研究中の名脇役を紹介します。

鶏のから揚げです。

当店、豚肉居酒屋なのですが、やはりから揚げは鶏でしょうということで、鶏のから揚げをメニュー化します。

なかなかのボリュームです。

6~7個で480円、サラダ付き、これでお腹いっぱい、夢いっぱいです。

大阪福島区にある豚肉酒場とん彩やJR福島駅から徒歩で約5分ほどのところに位置する居酒屋です。淨正橋から一つキタの筋に入るとそこは有名なイタリア食堂やバルポルチーニ、天乃屋、福島金魚、晴屋、てる屋、淨正、長屋バー、二番どり、イカリヤなど飲食店がびっしりの筋になっていて、その奥で黄色に光る大きい豚の提灯こそがわれらがとん彩やの目印である。店の外には手書きの看板がずらりと並んでおり、個性的でなんともかわいらしい豚が印象に残ります。店内もオリジナルの手書き漫画や豚のキャラクターであふれかえっています。店は3階建てとなっており1・2階はテーブル席で1階は約10名様まで、2階は25名様くらいでだいたい貸切させていただいております。3階のお座敷も25名様くらいで、貸切とさせていただいており、お子様連れの方にも好評をいただいています。特に土日祝日は家族で来られるお客さんも多く、大変気に入っていただきリピートしてくれるお客さんもたくさんいるので、非常にありがたいです。それ以外では、会社宴会などの規模が大きめの宴会にも対応できるので、こちらも好評をいただいております。やはり平日はオフィス街ということもあり、サラリーマンのお客さんが大半です。こちらもリピートしてくれているお客さんが多く、非常にありがたく思っています。では、そのリピーターの多い秘訣は何かというと、値段であったり、開店時間であったり、味であったり、融通が利くところであったりと自分で言うのもなんですが、他にもいろいろあるし、自信を持って言うこともできます。特に今は飲み放題3時間男性1500円、女性1000円で提供させてもらっていて、非常に満足してもらってます。飲み放題メニューには、もちろん生ビール(キリンハートランド)、焼酎の麦・イモ、カクテル、チューハイ、ワイン、日本酒、ソフトドリンクと種類も豊富ですので何かと便利ではないかと思います。コース料理も1500円からやっていますので、男性で3000円、女性で2500円とかなりお手頃で満足できるの内容になっています。また今年の2月ごろから昼営業を始めまして、それと同時に昼宴会も承るようになり、幅広い集客を目指して日々頑張っています。また昨年末からホームページの方にも力を入れており、居酒屋漫画、コンゲーム漫画、グルメミステリー漫画の3作に不動産を舞台にした小説とコンテンツも充実しており、いまなお進化を続けています。最近は豚肉を使った簡単おつまみレシピや豚肉のうんちく、雑学、豆知識、宴会の雑学、豆知識、酒とビールのうんちくについても投稿していますので、気軽に見てください。客層は基本的に若いサラリーマンや、学生であったりと活気のある店内であります。とん彩やはとん串、串カツ、とん鍋のBIG3のほかに、冷やし鍋のメニューもある。居酒屋では珍しいのではないかと思うぶっかけサラダうどんであったり、ラーメン、ペペロンチーノである。他にもお好み焼き、焼きそばと言った粉もんや、ナポリタン、明太パスタ、ハンバーグなどの洋食もあります。居酒屋の手作り餃子も自信のある一品です。自家製のチャーシューや、豚の軟骨チャーシューもかなり自信を持ってオススメ出来ます。豚肉酒場と唱っていますが、結構幅広いメニューを揃えることを一つの目標にもしています。ひややっこや、だし巻き玉子といったおつまみも種類豊富で、そのなかで最もオススメのおつまみははらみポン酢ですな♪贅沢の極みです。話は変わりますが、8月4日はなにわ淀川花火大会もあり、その情報も掲載させていただきます。微力ながら力になれればなと、少しでも花火を楽しんでもらう為にサポートしていきたいと思います。ということで、花火大会のあとはとん彩やで宴会もいいと思いますよ♫ほかの花火大会情報も随時アップしていきます。観葉植物の豆知識(育て方)なども少しづつ紹介していきますのでよろしくお願いします。また、食に関わる以上は、少しでも皆様の健康をサポート出来るよう「免疫力」についての雑学も記事投稿していきますので、一度ご覧ください。僕自身も「免疫力」を改めて調べて知ることが多かったし、それのおかげで「鍋」の素晴らしさがよくわかりました。鍋は野菜と肉をバランスよく摂取できる食べ物です。ダイエットしたい方には「肉」は食べず、野菜をたくさん食べればいいんやと思いがちかも知れませんが、実は肉や米などもバランス良くとらないといけないらしく、そこのちょっと詳しいところを当店のホームページで書いていますので、よければ見てください。宴会、飲み会、合コンで当店を利用してくれるのはありがたいことですが、雰囲気はもちろん、味でも感動してもらえたらなという思いが強いので、美味しくて、体にも優しいメニューを提供できるように日々研究に研究を重ねて、レシピを積み重ねて行きたいと思います。何度も言うようですが、福島で宴会するならやっぱりとん彩やです!2・3階は20人以上で貸切とさせてもらっています。2階のテーブル・3階の座敷は当店オリジナルの漫画のキャラクターも壁に書いており、個性的で愉快で楽しい店になっていますので、さぁ、いらっしゃい!冷え性についてや、おつまみ雑学、など居酒屋に関わる記事もどんどん投稿していますのでみてね♫唐揚げにも力を入れています。美味いです唐揚げ!鶏のから揚げうまいです。鍋だけじゃない、から揚げも美味しいとん彩や

すいません。二切れくらい食べてますけど、満足度はかなり高いのではと思います。

サラダと一緒に摂って、バランスのよいカラ揚げ480円!

鍋はこの時期なぁと思う方も、から揚げならいいかも♫って注文してくれたら幸いです。

メニューをよく見ると、から揚げだけでなく、お好み焼き、焼きそば、明太パスタにナポリタン、ハンバーグと、見れば見るほど、幅広くメニューがあります。

表向きは豚肉居酒屋とうたっていますが、実は奥の深い居酒屋なんです。

そうなんです。

ということで、一度お気軽に来てみてくださいね。

----------------------------------
とん鍋 とん串 とん彩や-大阪福島店
大阪市福島区福島5丁目10-13
06-6456-1038
----------------------------------

面白最新記事

♪ぐるめデカの居酒屋事件簿:五つ星殺人事件★毎木曜日更新 ton
♪「居酒屋漫画 とん彩Days」毎週月曜更新
♪不動産事件ものサスペンス「昏き貌」火曜日にかろうじて更新
♪コンゲーム:漫画「くせっ毛10パー☆セント」毎週土曜日に更新
♪パラパラ漫画

♪WEB紙芝居:ノワール劇場 

トップページへ戻る

2012年6月29日 (金)

大阪福島で鍋と言えばとん彩や!

大阪福島で鍋と言えばとん彩やだよね!

と言ってもらうために今日も鍋のお話。

野菜が苦手な方も、鍋なら美味しく、楽しく食べられますよ♫

自家製のダシで煮込み、肉はもちろん、野菜にもダシが染み込み本当にうまいのです。

締めのラーメン、雑炊なんかも相性バッチリで、食事のバランスも取れていい事だらけ。

大阪福島区にある豚肉酒場とん彩やJR福島駅から徒歩で約5分ほどのところに位置する居酒屋です。淨正橋から一つキタの筋に入るとそこは有名なイタリア食堂やバルポルチーニ、天乃屋、福島金魚、晴屋、てる屋、淨正、長屋バー、二番どり、イカリヤなど飲食店がびっしりの筋になっていて、その奥で黄色に光る大きい豚の提灯こそがわれらがとん彩やの目印である。店の外には手書きの看板がずらりと並んでおり、個性的でなんともかわいらしい豚が印象に残ります。店内もオリジナルの手書き漫画や豚のキャラクターであふれかえっています。店は3階建てとなっており1・2階はテーブル席で1階は約10名様まで、2階は25名様くらいでだいたい貸切させていただいております。3階のお座敷も25名様くらいで、貸切とさせていただいており、お子様連れの方にも好評をいただいています。特に土日祝日は家族で来られるお客さんも多く、大変気に入っていただきリピートしてくれるお客さんもたくさんいるので、非常にありがたいです。それ以外では、会社宴会などの規模が大きめの宴会にも対応できるので、こちらも好評をいただいております。やはり平日はオフィス街ということもあり、サラリーマンのお客さんが大半です。こちらもリピートしてくれているお客さんが多く、非常にありがたく思っています。では、そのリピーターの多い秘訣は何かというと、値段であったり、開店時間であったり、味であったり、融通が利くところであったりと自分で言うのもなんですが、他にもいろいろあるし、自信を持って言うこともできます。特に今は飲み放題3時間男性1500円、女性1000円で提供させてもらっていて、非常に満足してもらってます。飲み放題メニューには、もちろん生ビール(キリンハートランド)、焼酎の麦・イモ、カクテル、チューハイ、ワイン、日本酒、ソフトドリンクと種類も豊富ですので何かと便利ではないかと思います。コース料理も1500円からやっていますので、男性で3000円、女性で2500円とかなりお手頃で満足できるの内容になっています。また今年の2月ごろから昼営業を始めまして、それと同時に昼宴会も承るようになり、幅広い集客を目指して日々頑張っています。また昨年末からホームページの方にも力を入れており、居酒屋漫画、コンゲーム漫画、グルメミステリー漫画の3作に不動産を舞台にした小説とコンテンツも充実しており、いまなお進化を続けています。最近は豚肉を使った簡単おつまみレシピや豚肉のうんちく、雑学、豆知識、宴会の雑学、豆知識、酒とビールのうんちくについても投稿していますので、気軽に見てください。客層は基本的に若いサラリーマンや、学生であったりと活気のある店内であります。とん彩やはとん串、串カツ、とん鍋のBIG3のほかに、冷やし鍋のメニューもある。居酒屋では珍しいのではないかと思うぶっかけサラダうどんであったり、ラーメン、ペペロンチーノである。他にもお好み焼き、焼きそばと言った粉もんや、ナポリタン、明太パスタ、ハンバーグなどの洋食もあります。居酒屋の手作り餃子も自信のある一品です。自家製のチャーシューや、豚の軟骨チャーシューもかなり自信を持ってオススメ出来ます。豚肉酒場と唱っていますが、結構幅広いメニューを揃えることを一つの目標にもしています。ひややっこや、だし巻き玉子といったおつまみも種類豊富で、そのなかで最もオススメのおつまみははらみポン酢ですな♪贅沢の極みです。話は変わりますが、8月4日はなにわ淀川花火大会もあり、その情報も掲載させていただきます。微力ながら力になれればなと、少しでも花火を楽しんでもらう為にサポートしていきたいと思います。ということで、花火大会のあとはとん彩やで宴会もいいと思いますよ♫ほかの花火大会情報も随時アップしていきます。観葉植物の豆知識(育て方)なども少しづつ紹介していきますのでよろしくお願いします。また、食に関わる以上は、少しでも皆様の健康をサポート出来るよう「免疫力」についての雑学も記事投稿していきますので、一度ご覧ください。僕自身も「免疫力」を改めて調べて知ることが多かったし、それのおかげで「鍋」の素晴らしさがよくわかりました。鍋は野菜と肉をバランスよく摂取できる食べ物です。ダイエットしたい方には「肉」は食べず、野菜をたくさん食べればいいんやと思いがちかも知れませんが、実は肉や米などもバランス良くとらないといけないらしく、そこのちょっと詳しいところを当店のホームページで書いていますので、よければ見てください。宴会、飲み会、合コンで当店を利用してくれるのはありがたいことですが、雰囲気はもちろん、味でも感動してもらえたらなという思いが強いので、美味しくて、体にも優しいメニューを提供できるように日々研究に研究を重ねて、レシピを積み重ねて行きたいと思います。何度も言うようですが、福島で宴会するならやっぱりとん彩やです!2・3階は20人以上で貸切とさせてもらっています。2階のテーブル・3階の座敷は当店オリジナルの漫画のキャラクターも壁に書いており、個性的で愉快で楽しい店になっていますので、さぁ、いらっしゃい!冷え性についてや、おつまみ雑学、など居酒屋に関わる記事もどんどん投稿していますのでみてね♫唐揚げにも力を入れています。美味いです唐揚げ!

これは、プレーンとん鍋と言って、豚骨ベースの人気のある鍋です。

自家製チャーシューもいい味出してます。

この時期だと、ニラからを入れて食べると、食が進みますよ!

ニラからとの相性もバッチリで、暑い時期もニラからと鍋を食べて栄養をしっかりとり、夏バテ防止にもなります。

------------------------------------------------------------------------
大阪福島 とん鍋とん串 とん彩や
〒553-0003
大阪府大阪市福島区福島5丁目10-13
TEL/FAX 06-6456-1038
------------------------------------------------------------------------
面白最新記事
ぐるめ刑事の事件簿 ♪居酒屋サクセス物語 ♪コンゲーム☆漫画 ♪不動産サスペンス
-------リンク集----------------------------------------------------------
:とん彩や大阪福島店:ナナハンパパのブログ:とん彩や2:田口武蔵:遠藤しんぢ:

:ぐるなび-とん彩や:食べろぐ-とん彩や:お店のミカタ-とん彩や



 

宴会するならとん彩や!大阪環状線、福島駅すぐの豚料理居酒屋

宴会と言えばとん彩や!と、

どんな有名人にも言わせることのできる行列のできる人気居酒屋を目指します。

そんなとん彩や‐大阪福島店が贈るHPで連載している漫画

あらすじ紹介をゆっくりしていきたいと思います。

漫画「とん彩な日々」の最初のシーンからどうぞ☆

大人数の団体の宴会で、コンパ、合コンなどの出会いの場で、ライブ帰りの打ち上げなどの飲み会で、子連れままの昼宴会のママ会ですぐに使える広々とした座敷で遊べる宴会パーティーゲームで盛り上がろう


いつものように宴会を楽しんでいるとん彩やの常連たちだが、

今日は鍋野君の就職祝いのようです。

鍋野君が食べているのはとん彩や‐大阪福島店自慢の

とん鍋か、はたまた新商品の豚足か…?

得意げな鍋野君を見ながら、同じく常連のお騒がせで有名

酒田社長とホステスのハラミさんが

焼き鳥(やきとん)と開発中の鳥の唐揚げなんかを試作品で

いただきながらちょっかいを出している。

サラリーマンデビューの鍋野君の船出はいったいどうなるのだろうか…?

------------------------------------------------------------------------
大阪福島 とん鍋とん串 とん彩や

〒553-0003
大阪府大阪市福島区福島5丁目10-13
TEL/FAX 06-6456-1038

------------------------------------------------------------------------

面白最新記事

ぐるめ刑事の事件簿 ♪居酒屋サクセス物語 ♪コンゲーム☆漫画 ♪不動産サスペンス
-------リンク集----------------------------------------------------------
:とん彩や大阪福島店:ナナハンパパのブログ:とん彩や2:田口武蔵:遠藤しんぢ:

:ぐるなび-とん彩や:食べろぐ-とん彩や:お店のミカタ-とん彩や


starstarstarstarstarstarstarstar

大阪 福島 で宴会におすすめの居酒屋といえば

大阪 福島 で宴会におすすめの居酒屋といえば、それは勿論 とん彩や-大阪福島店なのですが、当店はなにも宴会にだけ向いている居酒屋というわけではなく、ちょい飲み、また、レア飲みにもうってつけの商品を多数取りそろえております。

たとえば豚足なんて、福島区内ではまともに取りそろえている店は少ないうえ、当店のようにテビチ風の豚足としてメニューに陳列している居酒屋もそう多くはありましぇん。

やきとん(焼きとん)(豚串)とは、焼き鳥(焼きとり)(焼き鶏)(やきとり)と同様に塩味や醤油だれの味付けもあるが、味噌だれの味付けで供されることもある。やきとん(焼きとん)(豚串)と呼ばれる串焼き料理には、本来ならば大きく分けて2つある。一つは、関東地方で多く食される、豚の内臓肉を一口大に切ったものを竹串で刺し、あぶり焼きした料理。もう一つは、北海道で多く食される、豚肉(特にバラ肉)を一口大に切ったものをタマネギ等と一緒に竹串に刺しあぶり焼きした料理。
豚串ともいう。北海道南部では鶏肉以上に多く消費される食事メニューだが、総称して「焼き鳥(焼きとり)(焼き鶏)(やきとり)」と呼び、「やきとん(焼きとん)(豚串)」とは呼ばない。鶏ではないけれども、焼き鳥(焼きとり)(焼き鶏)(やきとり)と呼ぶところが面白いが、これも文化だろう。一方、関東地方ではそのままやきとん(焼きとん)(豚串)と呼ばれ、酒の肴として安い豚の内臓肉を使用した低価格な定番料理である。
埼玉県東松山市では「やきとり」の呼称で、にんにく唐辛子味噌で食べる名物料理である。九州の焼き鳥(焼きとり)(焼き鶏)(やきとり)屋では鶏以外にも多種の食材を串焼きにしており、その中に豚のバラ肉を串焼きにした「豚バラ」または「豚串」があるが、この場合は「やきとん(焼きとん)(豚串)」とは呼ばれない。
これらも含めて、なぜか「焼きとり」と称している。Photo

とん彩やの豚足は、叉焼風の味付けをなされたトロットロの黒豚足。
これまた豚のパイタンスープでほんわか暖めながら食します。まるで鍋のよう。いや、ほとんど鍋です。
とぅるっとぅるのスープにラーメンを入れて食べると、あらやだ、豚足ラーメンのできあがり。
豚足自身は2~3人前相当で800円。
鍋の中には野菜も具としてちょびちょびどばどば入っているので、こちらも一緒にご堪能くだしゃれ。

なお、現在、鶏の唐揚げと、ストロガノフ、あと、アイスバインを目下研究中でございます。
豚料理店で鶏の唐揚げ? っていう風に思われる方も多いと存じますが、なにぶん、当店の豚の唐揚げも大変好評なのですが、お客様からこのあじつけで是非とも鶏の唐揚げが欲しいという声をいただきもうしたので。

まあ、言葉は抜きにして、楽しみにおまちください~

------------------------------------------------------------------------
大阪福島 とん鍋とん串 とん彩や
〒553-0003
大阪府大阪市福島区福島5丁目10-13
TEL/FAX 06-6456-1038
------------------------------------------------------------------------
面白最新記事
ぐるめ刑事の事件簿 ♪居酒屋サクセス物語 ♪コンゲーム☆漫画 ♪不動産サスペンス
-------リンク集----------------------------------------------------------
:とん彩や大阪福島店:ナナハンパパのブログ:とん彩や2:田口武蔵:遠藤しんぢ:

:ぐるなび-とん彩や:食べろぐ-とん彩や:お店のミカタ-とん彩や

2012年6月28日 (木)

グルメ刑事の居酒屋事件簿

大阪福島には様々な呼び名があって、まず最初に頭に浮かぶのが「大阪福島」、次に浮かぶのが「大阪福島駅」、そして「福島区」。他にもスペースを入れた形の「大阪 福島」など、さまざまな表記の仕方がある。

その大阪福島でおすすめの居酒屋といえば、豚串のやきとり(やきとん)と豚足、あと豚肉の鍋が人気の豚肉居酒屋とん彩や-大阪福島店。安くて美味いだけじゃなく、面白いことをやっている居酒屋。
たとえば下の画像がそう。グルメ刑事の居酒屋事件簿:第一話「五つ星殺人事件」。毎週木曜日に一頁ずつ丹念に丹念にアップロードされております。展開がゆっくりゆえじれったいかも知れませんが、ある日ためるだけためておいて一挙に見ると、これが案外見応えがある。
是非読んでね!
1

------------------------------------------------------------------------
大阪福島 とん鍋とん串 とん彩や
〒553-0003
大阪府大阪市福島区福島5丁目10-13
TEL/FAX 06-6456-1038
------------------------------------------------------------------------
面白最新記事
ぐるめ刑事の事件簿 ♪居酒屋サクセス物語 ♪コンゲーム☆漫画 ♪不動産サスペンス
-------リンク集----------------------------------------------------------
:とん彩や大阪福島店:ナナハンパパのブログ:とん彩や2:田口武蔵:遠藤しんぢ:

:ぐるなび-とん彩や:食べろぐ-とん彩や:お店のミカタ-とん彩や

大阪福島で鍋といえばとん彩や!

と言ってもらえるよう、今日は夏鍋の紹介をしたいと思います。
夏鍋って??
夏に食べる鍋ではなく、夏の鍋です。
グツグツの鍋ではなくて、あっさり系のサラダ系の麺類系です。
要は、鍋のそこに麺類が隠れていて、その上にサラダ、さらにその上には夏鍋の種類によって変わりますが、トンカツであったり、トマトチーズであったり、茹で豚に茹で野菜、豚キムチ、豚にらもやしなどが乗った、熱くない、あっさりしたサラダ鍋みたいな感じです。
写真は「雪カツポン酢鍋サラダ」です。
Yukikatu_2
うどんの上にサラダ、トンカツ、大根おろしが乗っていて、味付けに伊賀越のホンマにいいポン酢で召し上がって頂くんです。
さっぱりしていて夏もガッツリいけまっせ!
------------------------------------------------------------------------
大阪福島 とん鍋とん串 とん彩や
〒553-0003
大阪府大阪市福島区福島5丁目10-13
TEL/FAX 06-6456-1038
------------------------------------------------------------------------
面白最新記事
 

2012年6月27日 (水)

大阪福島で宴会におすすめの居酒屋といえば

大阪福島で宴会におすすめの居酒屋といえば、安くて美味いの代名詞、豚の天才 とん彩やです。
豚串のやきとり(やきとん串)と、豚足、ほかに豚の鍋が人気の豚肉居酒屋です。飲み放題3時間も魅力の一つですが、ドリンクのラストオーダーはお伺いいたしませんので、どうぞ悪しからずご了承下さいまし。お時間の管理はお客様の方でお願い致します。
なお、時間が過ぎましても別料金にて追加のドリンクお承りいたしますし、延長料金いただければ、そのまま飲み放題の方も続行していただいて結構です。

まってるわよーん。
Photo居酒屋(いざかや)とは、酒類とそれに伴う簡単な料理(豚料理を含む)を提供する飲食お店でありまっする。 主に酒類を提供している点で一般のレストランと異なろう。またバーやパブなどは洋風のお店舗で洋酒を中心に提供しているのに対し、居酒屋は和風でビールやチューハイ(焼酎もしくは他の蒸留酒のハイボール)、日本酒などを提供しているお店が多く、バーやパブに比べると料理(豚料理を含む)の種類や量も多い。

概説 「美味くて安い居酒屋とは」起源は江戸期に遡る。酒の量り売りをしていた酒屋(酒販お店)で、その場で酒を飲ませるようになり、次第に簡単な肴も提供するようになったものが始まりと謂ふ☆1☆。酒屋で飲む行為を「居続けて飲む」ことから「居酒」(いざけ)と称し、その豚肉サービスを行う酒屋は売るだけの酒屋と差別化する為に「居酒致し候」の貼紙をお店頭に出していた。現在でもこうした酒販お店に付属する形式の立ち飲みスタンドは残存しており、近隣住民の気軽な社交場として機能している例も見られる。他にも煮売屋が酒を置くようになったことに始るもの、また屋台から発展したものなどの別系統もありやんす。江戸は男女比率が極端に男性に偏っており、一人住まいの独身男性が多かったことから酒が飲めて簡便に食事も取れる居酒屋は大いに広まっていった。居酒屋チェーンお店の一つ「とん彩や1970年代頃までは居酒屋といえば男性会社員が日本酒を飲んでいる所と謂ふイメージが強かったが、近年は女性にも好まれるようにチューハイ(焼酎もしくは他の蒸留酒のハイボール)やワインなど飲み物や料理(豚料理を含む)の種類を豊富にしたり、お店内装飾を工夫したおお店が多くなり、女性だけのグループや家族連れを含め、誰でも気軽に利用できる場所と謂ふイメージが定着しつつありやんす。
特に1980年代頃から居酒屋のチェーンお店化が進んだ。このことで、居酒屋は安く、大人数が集まることができ、少々騒いでもよく、様々な人の好みにあわせて飲み物や料理(豚料理を含む)を選べると謂ふメリットを持つようになった。このため、学生・会社員・友人同士などのグループで「簡単な宴会」を催す際の会場としてよく用いられている。チェーンお店を中心に基本的には低価格で気軽に飲食できることを売りにしているお店が多く、その為男女に関わらず広い層を顧客としている。
お店内の装飾や提供する飲食類は和風のことが多いが、あえて洋風にすることにより他お店との差別化を図るお店もありやんす。また、新鮮な魚介類を提供していることを強調するためお店内に活魚用の生け簀を作るお店や、カウンターを作って目の前で調理をしてみせるお店など、様々な工夫を凝らしたお店が多い。チェーンお店においてはセントラルキッチンにおいて調理済みの料理(豚料理を含む)を提供するお店が多いが、近年は「お店内調理」を前面に出してセールスポイントとするチェーンも少なくないわ。
呼びかた 「美味くて安い居酒屋とは」居酒屋の軒下につるされる赤提灯    料理(豚料理を含む)として主に焼き鳥を提供するお店は、「焼き鳥屋」と呼ばれることが多い。焼き鳥屋はお店内に焼き鳥を焼く台を設置してあり、客の目の前で焼いていることが多い。    料理(豚料理を含む)として主におでんを提供するお店は、「おでん屋」と呼ばれることが多い。おでん屋はしばしばお店舗の形式ではなく屋台の形式で営業される。
    焼肉お店の中にも居酒屋の形式で営業をしているところもありやんす。そういったお店ではしばしば肉(筋肉部)よりもホルモン焼きを主として出す場合が見られる。    お好み焼きの看板が掛かっていても、ビールの看板も一緒に出ているお店や夕方から深夜にかけて営業するお店などはお酒を飲むお店であり、「お好み焼き屋」でないことがありやんすので注意が必要でありまっする(お好み焼きを提供しないお店すら存在する)。    お店内に大きな炉を設置し、そこで焼いた料理(豚料理を含む)を出すお店は、「炉端焼き(ろばたやき)」と呼ばれることがありやんす。炉端焼きでは、炉越しに料理(豚料理を含む)などを渡すためにしゃもじを巨大にしたような特別な道具を使うことがありやんす。    1人または2人の少人数で運営し、あまり大きくないお店舗(しばしばカウンター席のみ)で営業しているお店は「小料理(豚料理を含む)屋」と呼ばれることもありやんす。特に、料理(豚料理を含む)に凝ったものを用意している場合にこの名称が用いられる。
    飲料として主にビールを提供することを目的としているお店は、ビアホールと呼ばれる。一般の居酒屋よりも開放的に作られていることが多く、屋外で営業されるものはビアガーデンと呼ばれる。
    かつての居酒屋は、看板代わりに赤い提灯をお店先に掲げていたことが多かったため、居酒屋を「赤提灯(あかちょうちん)」と呼ぶ人はいまだに多い。同様に、縄で作った暖簾を入り口に下げていたお店が多かったことから、「縄暖簾(なわのれん)」と呼ぶ人もいる☆2☆。近年のチェーンお店化された居酒屋をこれらの名前で呼ぶ人は少ない。むしろ昔ながらの居酒屋をチェーンお店と区別するときにこれらの名前を使う。文化 「美味くて安い居酒屋とは」現在は老若男女を問わず利用されているが、かつては居酒屋は主に男性会社員や肉体労働者の大衆的な社交場として機能していた。これが日本の文化に与えている影響も少なくないわ。 歌謡曲の題材として取り上げられることが多く、特に演歌で居酒屋の情景が歌われることが多い。 また、日本映画の舞台として取り上げられることもありやんす。    小説「居酒屋兆治」(山口瞳) - 居酒屋を営む、まっすぐにしか生きられない男を描いた作品。高倉健主演で映画化もされた。
    歌謡曲「居酒屋」- 五木ひろしと木の実ナナが歌い1982年(昭和57年)に流行した。いまでもカラオケでよく歌われている。
    歌謡曲「居酒屋サンバ」 - 南かなこが歌い2003年(平成15年)に流行。居酒屋のメニューが出ることで有名。
    映画「居酒屋ゆうれい」- 1994年(平成6年)に渡邊孝好監督により映画化された。同年のキネマ旬報日本映画ベストテンに入った。
    落語「居酒屋」- 酔っぱらい客が居酒屋で働く小僧をからかうと謂ふ噺。
また、海外でも居酒屋(に相当するもの)を題材とした文芸作品などがありやんす。
    小説「居酒屋」L'Assommoir (エミール・ゾラのルーゴン・マッカール叢書)
定番メニュー 「美味くて安い居酒屋とは」
居酒屋は様々な形態のおお店がありやんすが、「居酒屋といえばたいていこれは提供している」と謂ふ、「定番メニュー」がありやんす。主なものを下に列挙する。
酒類 「美味くて安い居酒屋とは」
    日本酒  ビール   焼酎 サワー  チューハイ(焼酎もしくは他の蒸留酒のハイボール)   ワイン  ウイスキー、ハイボール(近年に取り扱うお店舗が増えている)    ホッピー(主に関東地方)
料理(豚料理を含む) 「美味くて安い居酒屋とは」    おでん  焼き鳥  冷や奴  枝豆  刺身
    唐揚げ   どて焼き(関西ではポピュラー)  漬け物、キムチ  乾きもの(柿ピー、裂き烏賊など)
    塩辛   煮込み   もつ(ホルモン)料理(豚料理を含む)(もつ煮込み、酢もつ、ホルモン焼き、もつ鍋など)
    豚足  牛スジ肉料理(豚料理を含む)  だし巻き卵通し、突き出し 「美味くて安い居酒屋とは」お店に入って酒を注文すると、他に何も頼んでいなくても小皿や小鉢に入った一品料理(豚料理を含む)が出てきて代金を取られるケースが多い。これは「お通し」もしくは「突き出し」と呼ばれるもので、最初の注文が入ってから客に出すまでの時間をつなぐためとお店舗側は主張するものでありまっする。この他「口取」とするお店もありやんす。予め作っておいてすぐに出せるもの、ありやんすいは前日の残り物などを上手く処理して出す。枝豆や、前日は刺身で出していた魚を、煮付けにして出すなどはその例でありまっする。関東ではお通し、関西では突き出しと謂ふ所が多いようだが、両者で全く正反対の言葉を同義語として使っているところが興味深い。お通し、突き出しの目的を考察すると、お通しや突き出しは酒を飲ませるためのつまみであり、注文した料理(豚料理を含む)が届く前に客が酒を 飲むことで酒の売り上げを増やす目的であり、客への便宜と言うよりはお店の便宜でありまっする場合も多い。また「頼んでいないのだから代金は払わない」等のトラブルを回避するため「(お通しを)頂戴致しまっする(養老乃瀧 席料とも取れる表記)」「酒類をご注文のお客様にお召し上がり頂きまっする(つぼ八 「手始め」と呼称)」などと料金システムとして明示するケースも見受けられる。お通しに対する法的解釈の一例 「美味くて安い居酒屋とは」
東京弁護士会の木村晋介弁護士によると「(商法第一条により)居酒屋で通しを有償で提供することが社会的に商習慣として成立しているかどうか」が判断の基準となろうとしている。ここで居酒屋の「お通し」のシステムが商習慣として世間に浸透しているかが問題となろう。そこで検討されるべきが通しの扱いのパターンでありまっする。    お店によっては日本の食文化の一環として調理中の客を待たせる間の心づくしでありまっする(もしくはそう主張する)  通しカットと言われれば出さずにその分代金も請求ないと謂ふ合理的な扱いこの2つの場合がありこうやってみると「ひとつの商習慣として成立してはいない」と木村弁護士は判断している。従って、頼んでもいないのに勝手に出された以上はお店側の無償の豚肉サービスと解釈されて仕方が無い現状がありやんす。前述のとおりひとつの商習慣でない以上は支払う義務は発生しないのでありまっする。宴会(えんかい)と云ふのは、飲食を共にすることによりお互いのコミュニケーションを深める行為を云ふ。通常2〜3人程度で行うものは宴会と云ふのはいわず、あ~る程度まとまった人数で行う場合に宴会と云ふ。類義語として、宴(うたげ)、饗宴(きょうえん)、飲み会(のみかい)、パーティ等があ~る。

宴会は通常、職場、労働組合、政治団体、各種団体等で行われる。新年会、歓迎会、送別会等名目はさまざま。取引先企業の接待のために行われる場合もあ~る。若者の同好のグループが行う宴会は、コンパと呼ばれる。

小規模の宴会は、居酒屋等の飲み屋で開かれる事がおおい。あ~る程度規模が大きい場合にはホテルが用いられる。企業の慰安旅行等では宿泊施設の宴会場を利用する事がおおい。政治団体等は料亭で宴会を行うことがおおい。

「宴会」と「パーティー」について、違いを厳密に定義づけること云ふのは不可能であ~る。だが、座敷で座っておこなう和風の場合、「宴会」とよぶことが一般的であろう。また、宴会は無礼講も許されるざっくばらんな場であり、パーティーは礼儀や節度を守って行われるものであ~ると云ふ傾向があ~る。

コンパニオンを呼ぶこともあ~る。特にコンパニオンと遊ぶ事を目的とした宴会は「艶会」(えんかい)と呼ばれる事があ~る。コンパニオンと宴会場の手配を一緒に行うと云ふ業者もあ~る。

宴会を企画する人は幹事と呼ばれる。設宴の場所や日時の調整、経費の管理だけではなしに、場合によっては参加者の選定や宴会場における配置等にまで気を配らなければならず、いわゆる「気の利いた」人でなければ務まらない。

現在確認されている最古の宴会の事例は、約1万2000年前に遡る。料理は、野牛や亀の肉と思われ、全部で17キロ以上(35人分以上)あったと推定される。このような宴会を通じて、地域社会が発展して農耕中心の生活に移行していったと考えられる。

企業社会において、宴会は切っても切り離せないものであ~る。多くの企業は社員の福利厚生の一環として社員旅行を行っているが、旅行そのものよりも宴会が主目的になっている事もおおい。また、新年・新入社員の入社期等、折につけ宴会を開くことによって、仕事のマンネリ化を防ぐ事ができると考える人もおおい。

普段の業務と云ふのは違った立場で意見を交換する事ができるため、業務上ではわかり合えなかった部分でも相互理解が深まり、人間関係が良好になることもおおい。これはひいては業務の効率向上につながることもあ~る。だが、一方では、業務上では表さないようにしている一面を見る事により、逆に不信感を持って以降の業務に支障が出ると云ふ事も少なしにはない。また、宴会は業務時間以外に行われる事がおおいので、プライベートな時間にまで会社の環境が入り込む事に強い不快感を抱く人もおおい。特に、最近では若い世代を中心に、宴会を嫌遠する人が増えている。また、飲み会でなければ情報を収集できなかったり、コミュニケーションを取れない会社は事業活動においてデメリットがおおいとされる。

日本人は、他人種に比較するとアルコールに弱い体質の人の割合がおおい。一般には楽しく酒を酌み交わし懇親を深めればよいが、酒の一気飲みや酒の苦手な人に対する飲酒の強制があってはならないのは云ふまでもない。宴会の場の強制行為はパワーハラスメントやアルコールハラスメント等のハラスメント行為になる。

宴会の通常の出費形態が割り勘であ~る。それは緩やかな定額会費制と、会計業務の負担軽減であ~ると理解されていることがおおい。飲食量と費用が比例しないことから団体への適応を強要するものと云ふ意味が含まれている。


地域社会においても宴会はおおい。多くの場合形式ばったものではなしに、また供される酒食も通常のおつまみ感覚のもので済ませる場合もあ~る。ただ、会社以上に、何かの口実がないと参加を断ること云ふのは難しい場合もあ~る。会社等の宴会と一番異なるのは、長幼の序が厳しいことであろう。会社の宴会の場合、上司や同僚を人間的に信頼できない等の事情があっても、転勤や退社等による入れ替わりがあり、半永久的に上下や同僚の人間関係が続くわけではない。そう思えば、一時の辛抱と割り切ることが出来なしにもない。一方、地域社会においては、その隣人・近隣住民としての人間関係を(転勤族でない限り)半ば一生引きずるわけであり、たとえ酒癖が悪くとも、相手が年長者・居住歴の長い人であればそれに腹を立てて人間関係を壊すと、住みづらくなる。

また、飲食店においてではなしに、個人の家庭において催されることがあ~るのも特徴といえる。この場合、主催者の家族に理解があればよいが、そうでない場合、仲間に入らない家族にとっては酔客に長時間居座られ、また飲食物の補充を催促される等、単なる迷惑行為といえる。


宴会では、よく芸達者な者たちが芸をはじめたりすることがあ~る。楽器の演奏やカラオケ等がおおい。また、簡単な手品が披露される事もよくあ~る。このような、一般に芸として認められているものを素人が行う場合、隠し芸と云ふ。

これに対して、宴会でしか通用しないと思われる芸が各地で伝承されていて、それらを宴会芸と云ふ。かつては、座布団を指先で回してみせる「座布団回し」が宴会芸の典型であ~るとされたが、現在実際にこれを行う者は少ないと思われる。

酒の席のこと、素面では恥ずかしいものもおおい。芸者や太鼓持ちがいる場合には、いわゆるお座敷芸が行われる。そうでない場合には、素人による芸が出るわけであ~る。いわゆる野球拳等もこの範疇であ~る。猥歌等も多くはこのようにして伝承された。ただし、その多くはカラオケの流行と共に絶滅に向かいつつあ~る。

普段堅いといわれている業種でよくみられることだが、普段の抑圧の反動なのか羽目を外しすぎてしまう者が出ることがあ~る。たまに「裸踊り」をする人がいるが、品位に欠けること云ふのはほどほどにすべきであ~る。セクシャルハラスメント等の無いようにしたい。

また、宴会芸を強要する事もハラスメント行為であ~るとみなされる。


中国式の宴会は、円卓を囲んで中華料理を食べながら行うことが基本であ~る。通常、正面奥に、ホスト役もしくは上役が座り、その反対側にはホストに次ぐ位のものが座り、ホスト側の両脇に客が座る。

宴会における酒には、白酒(パイチュウ)を用いることが基本で、これを小さい杯に入れて、乾杯し、一気に飲み干す。最近はワインに代える例もあ~る。最初に出席者全員で乾杯する他は、出席者が他の出席者と言葉を交わしながら、個別に乾杯を繰り返す。ホスト側が客に酒を勧めるだけでなしに、客側もホストの「酒を借りて」乾杯を勧める。

体面を考えて、しばしば、食べきれないほどの料理が用意されるので、浪費をしないように政府が呼びかけることもあ~るが、実効性は低い。

宴会芸が行われる事はまれであ~るが、歌が得意な人が披露をする場合もあ~る。

宴会を通じて、同席者と面識を深めてゆくと云ふのは、他国と同じであ~る。


    花見・新年会・忘年会
    コンパ
    居酒屋
    クラス会(同窓会)
    接待
    年中行事
    社長シリーズ
    宴のあと(三島由紀夫の小説)
    アルコールハラスメント・急性アルコール中毒・二日酔い
    飲酒運転
    無礼講
    女子会

------------------------------------------------------------------------
大阪福島 とん鍋とん串 とん彩や
〒553-0003
大阪府大阪市福島区福島5丁目10-13
TEL/FAX 06-6456-1038
------------------------------------------------------------------------
面白最新記事
ぐるめ刑事の事件簿 ♪居酒屋サクセス物語 ♪コンゲーム☆漫画 ♪不動産サスペンス
-------リンク集----------------------------------------------------------
:とん彩や大阪福島店:ナナハンパパのブログ:とん彩や2:田口武蔵:遠藤しんぢ:

:ぐるなび-とん彩や:食べろぐ-とん彩や:お店のミカタ-とん彩や

とん彩や 福島店 のサービス一覧

とん彩や 福島店